町を元気にする人にインタビュー!
【UGOFAMILY|ウゴファミリー】
Vol.001村岡悠司さん・第2話

「UGO FAMILY|ウゴファミリー」とは、町内外どこに住んでいても様々なカタチで町を応援してくださる方々への敬称です。

たとえば町の交流イベントに参加してくれた方、町の活性化に協力してくれた方、遠くから町を応援してくれている方、町に移住してきた方などなど。これまでそんな方々の素敵な活動や功績が、町のあちこちで生まれてきました。ただ、その物語を知る機会はなかなかありませんでした。

新しく始まる連載記事では、特にご縁の深いウゴファミリーにインタビューを行い「メンバーのいま」「ご縁のきっかけ」「これまでの活動」「これからのビジョン」をヒアリング。これまであまり知られていなかったストーリーを記事にしてご紹介していきます。

yado&kissa UGOHUBオーナー 村岡悠司さん・第2話

記念すべき連載1回目にご紹介するウゴファミリーはこちらの方。お仕事のご縁をきっかけに羽後町に移住。2020年4月、西馬音内本町通りにゲストハウス「yado&kissa UGOHUB」をオープンさせた村岡悠司さんです。それでは第2話をどうぞ。

【氏名】村岡 悠司(むらおかゆうじ)
【職業】yado&kissa UGOHUBオーナー
【出身・居住地】仙北市出身・羽後町在住
【趣味・特技】読書、行ったことないところ巡り、海外旅行・暗算、大きな声を出す、人と人をつなげること

【現在の主な活動】飲食店・宿泊施設・レンタルスペースの3つの機能を持つ「yado&kissa UGOHUB」を2020年4月に羽後町でオープン。料理自慢の町民のランチを楽しめる「居酒屋あらいぐま」や店舗販売していないこだわりの南インドカレーを堪能できる「カレーのチヴィコス」など30店舗に及ぶ食の出店のほか、「工作教室」や「ビジネス交流会」など毎週開催される様々なイベントに町内外の人が集まり賑わいを見せています。

▶︎第1話はこちらから!

村岡さんのこれまで|UGOHUB誕生までの道のり

〈インタビュアー|UGONEWS記者・高橋(以下同じ)〉
ーUGOHUBの立ち上げまでは順調だったんでしょうか?

〈村岡さん(以下同じ)〉2018年8月に前職を退職して、UGOHUBをオープンしたのが2020年4月なので、なんだかんだ1年半以上かかっていますね。こだわっていたというのもあって、物件探しが難航していたんです。実際に物件が決まったのは2019年11月なので、1年くらいかかっています。

物件が決まるまでは、飲食と宿泊というUGOHUBとほぼ同じサービスを提供している十文字町の「CAMOSIBA」で勉強していました。7ヶ月間バイトで修行をさせてもらいながら、都内などの場づくりの先進地に視察に行ったりもしましたよ。

あとは原資が全然なかったので、2019年の3月に秋田銀行のビジネスコンテストをダメもとで受けたんです。それで特別賞を受賞して、融資を受けやすくなりました。ただ、まだまだ試算したら予算不足だったので、県の補助金なども探して企業支援事業補助金に応募しました。結果、改修費の半分ほどをその補助金で賄うことができました。

物件を借りてからの半年間の改修工事では、9割は地元の大工さんにお願いしてやってもらいました。少しでも自分たちで作ること「作り手を増やすこと」を意識していたので、そうした「関わりしろ」を壁塗りという形で設けようと思って、1階と2階の壁塗りの募集を定期的に行っていました。

できるだけ「この瞬間しかない」というときを大事にしていたので、建物を壊す瞬間も作る瞬間もそのときしかないように、壁塗りもその瞬間しかないんですよね。

そうやって作る部分に関わってくれた人たちは、オープンしてからも応援してくれているし、自分が作った店でもあるという感覚を持ってくれていると思います。

それが大事だと思うし、むしろここには色々な人の色がどんどんついていけば良いなと思います。私はこだわらないというこだわりを持っているだけなので。自分は黒子というか、むしろ客くらいの意識でやっているつもりです。

村岡さんのこれから|10代のやりたい!を叶える場所に

ーこれからUGOHUBをどんな風に使ってもらいたいですか?

コンセプトとしては、これからの羽後町や秋田県の将来を担う10代の「やりたい」「挑戦したい」を叶えるためにUGOHUBをやっています。なので、責任や愛のある立場の人たちが子どもたちのやりたいことを素直に全力で応援できないのは仕方がないとしても、それが子どもたちのやりたいことを諦めさせる理由にはなってほしくないと思っています。

もしかしたら子どもたちのやりたいことを全力で応援するには、親や家族の力だけじゃなく、ある意味責任のない立場(第3者的な立場)の人たちの協力も必要なのかなと。今は大人のやりたいことを実現できる場所になってきているので、それは維持しつつ、今度は10代の子どもたちのやりたいことを叶えられる場所にしていきたいです。そして、ここを町にとって必要不可欠な場所に育てていくことが今後の目指したいところです。

あとは、小さいうちから子どもに稼ぐという経験をさせたい人もいるので、そういう人たちの思いを叶える場所にしていけたら面白いなと思いますね。あとは何より、お小遣いだけでなくどうすれば対価としてお金をもらえるのかとか、子どもたちが学校ではなかなか学ぶ機会が少ないようなことを好き勝手やれる場所になっていったら良いなと思います。

春には初の子どもたちによる出店が予定されていますよ。

ー村岡さんが子どもたちにしてもらいたい挑戦ってありますか?

UGOHUBでお金を稼ぐという経験も良いですが、個人的にはクラウドファンディングをさせてみたいですね。色々な資金の集め方を知る必要があるくらい、大きな夢に挑戦してもらいたいということなんですが。プログラミングを好きな子どもが、パソコンの資金を自分で集めるみたいな。

さらにその先で「どうやって信用を集めるか」みたいなことを考えて、信用を獲得できる術をある程度自分の中で掴めればどこでも生きていけると思うので、それをやりたいかな~。

別にお金を稼ぐことでなくても「大好きなことがあるならそれをもっと発信しませんか?」って言いたいですね。その面白さを発信すれば、一緒に楽しめる仲間が増えるし、それって絶対に発信した人も嬉しいですよね。やっぱり「自分が好きなことにハマれば?」って思います。責任のない立場(第3者的な立場)で言うと、そう思いますね。なので、別に大好きなことがあるだけでも良いと思いますよ。

ー羽後町がこんな風になっていったら良いなと思うことはありますか?

子どもたちのやりたいことを応援してあげたり、挑戦できる環境としてUGOHUBを設けているつもりなので、やりたいことがある子どもたちに「まずはUGOHUBでやってみれ!」って言ってもらえるだけでも十分ですね。自分のつながりを辿れば、挑戦を具体的に応援できる術は作れると思うので。そうやって、子どもたちの「やりたい!」を応援してくれる町の雰囲気になっていったら良いなと思います。

村岡さんからの告知コーナー!

【出店者募集中】ご利用料金|シェアキッチン1,000円+売上の20%(11:00~最大16:00)

【レンタルスペースもご活用ください】ご利用料金|1テーブル500円/時間

【2020年12月から宿泊でのご利用も可能になりました!】
男女混合ドミトリー(相部屋・ベッド/4名1室)税込3,800円/泊、女性専用ドミトリー(相部屋・ベッド/2名1室)税込4,000円/泊、個室(布団/最大2名1室)1名利用:税込5,600円/泊 2名利用:税込4,400円/泊

※素泊まり料金
※夏季(7~8月)・冬季(11~3月)は冷暖房費として別途+200円
※4連泊以上は連泊割あり
※朝食は要事前予約で税込500円(8:00~9:30)

【ご予約・お問い合わせ】

TEL|090-7428-8697
公式HP| https://www.ugohub.jp 
Facebook|https://www.facebook.com/ugohubshare 
InstagramのDM| https://www.instagram.com/ugohub/ 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

記者:髙橋 佑佳(NPOみらいの学校 プロジェクトパートナー)

湯沢市出身・在住。かつて寺町にあった某スナックの孫。
羽後町は、大学時代のインターンシップでもお世話になった大好きな町です。
UGONEWSを通じて、パワー溢れる町の魅力を余すことなく伝えていきます。
よろしくお願いします!٩( ᐛ )و

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::